2010年10月2日土曜日
2010年10月2日 TAKING OFF!

 1年と3ヶ月を暮らしたSaerumを後にするときが来た。いつか来るとはわかっていたが、それが今であることに多少の驚きを覚える。今週はじめより片付けを開始した各城には、お面やら巻物やら酒!、雪だるま!?など、がらくたがまだ残っている。しかしこれもあと数時間で片付けられるだろう。そうするともうSaerumに戻る場所はない。次に進む時だ。

 個人的に複雑なギルド関係を整理したい、またせっかく住んでいるのだから盛り上げていきたいという目的で始めた本レポートも今回が最後になるだろう。レポートを書くにあたっては、基本的に住民である自分を無視して書くように心掛けていたが、おおかた成功したのではないだろうか。

 実は、世界大戦ではずっとモヒられており、毎日あたふた、終わらない略奪行為に、一体これはいつまで続くことかトホホ...と過ごしていたが、レポートを書く時はそんな自分を客観的に「これはたいへんだね~」とまるで他人のように見ていたものだった。結果的に、それが熱くなりすぎることも冷めすぎることも防ぎ、ここまで住み続けることを可能にしたのだろう。

 Saerumを去る理由はここでは書かないが、所属ギルドには伝えている。とはいえこれまでのレポートからおおよそわかるかもしれない。結局、最初のギルドが最後のギルドになった。

  ”初め加入してホント私にとって居心地のいいギルドで満足すぎる
   ぐらい楽しい場所でした。(当たりを引いたような感じ)”

 これはギルド内でアンケートをとったときの、あるメンバーのコメントだが、全く同じ気持ちである。このギルドは一見すると子どもっぽいように見えるがそれは違う。いい大人があえて子どものように振舞っていたというのが本当の姿であった。大人のように振る舞うが実は子どもか、大人になりきれていない姿ほど悲しいことはない。今年のはじめからは初代ギルマスと連絡がとれなくなったこともあり、ギルマスとして過ごしていただが、様々なメールのやりとりを交わす中で、これらのことをいつも思わされた。

 このレポートではこれまで所属ギルドについては触れなかったし、所属ギルドでもこのレポート者であることを伝えなかったが、別に隠す意図はなく単に2つの役割(ロール)を平行して楽しみたい(プレイング)というだけであった。どうぞご了承いただきたい。

 最後に多いときには毎日600以上もアクセスがあった本レポートを読んでくださった方に、また長い間お世話になり楽しませてくれたギルドメンバーに感謝して...

 南国ひまわり同盟 元ギルドマスタ
 Keitanian

2010年9月18日土曜日
2010年9月18日 うんえいの当面(雑談)

 うんえいの当面を知るのに株価をみるという方法がある。株価は半年から1年先の業績等を見込んで動くものであり、最近では新大陸への移住募集のニュースで株価が上昇したという出来事が記憶に新しい。このブロクで話題にしたサイクル分析で使用したエリオット波動により現時点での分析をしてみよう。

 まず2007年夏を頂点とするバブル崩壊で長らく低迷していた株価は、2009年の終わりに回復の兆候をみせた。52週移動平均(青色)を抜け、週足の雲も突破したのである(1波)。その後再度下落したが、再度52週移動平均にタッチすると反発上昇した(2波)。セオリーなら1波の高値を超えてロングを持つべきであるが、個人的には待ちきれずに日足の20週移動平均が50週を上抜けた段階で購入した。
 1波の高値(赤い水平線)を超えると、セオリーどおり急上昇をみせた。そこで3波をつけるわけだが、購入した株は、このブログでもたびたび紹介している”42日”を消化し、2006年の高値レンジスタンス(赤い四角)を前にしたこともあり、処分してしまった。このあとさらに上昇して5波をつけるわけなので、結果的には売るのは早過すぎたが、一株あたり買値の4倍で手放せたことは幸運であり、寂しいSaerumに居続け、うんえいに関心を持ち続けたかいがあったといものだ。
 さて5波の21万超え時の出来高は、3波の出来高を下回り、天井を示す最初のシグナルが得られた。このあと、A-Bと進行して、現在はC波が進行中とおもわれる。購入するのはまだはやいだろうが、ターゲットとしては、5万円前後のレジスタンスゾーンであろう。しっかと足元を固めて、3つ移動平均がまた水平方向でまたからみあうようになるのを待ちたいが、いつもの212日の日柄が、上昇の起点から営業日ベースで消化されるタイミングもしっかりと確認したい。
 さて本題のうんえいの当面だが、株価でわかるように新規事業への期待はだいぶ消化され、織り込み済みとなっている。そして現時点では先の見通しが不透明なことを表している。うんえいも一つのサイクルの終わりを迎えている。

2010年9月9日木曜日
2010年9月9日 ダイヤが石ころになる日

 はやいものでSaerum地域に勃発したあの大戦から一年が経とうとしている。地域経済の通貨であるダイヤであるが、”うんえい”による春先の法改正により、3月以前に購入したダイヤはこの9月に価値がなくなることになった。故郷の資産との交換で得た現地通貨が、半年もたたずにその価値を失うという事実に落胆する住民も多いであろう。
 ”おうべい”の大陸では、市中での通貨の滞留を防ぐために有効期限という消極的方法はもはや使われていない。それよりもむしろイベントやサービスを充実させ、ハッカーを徹底的に排除して公平な社会を実現する積極的な市場原理手法が取られている。これにより通貨の回転を上げて経済を活性化し、結果として”うんえい”の税収をアップすることが目指されている。”うんえい”の今回の手法は短期的にはよいかもしれないが、市場原理に歪を与える分、地域経済へは構造的なマイナス要因となる。
 さてこのレポート取材のために1年以上滞在している近所にもいよいよ空き家が目立つようになってきた。秋を迎える前に荷造りはしておくか。

2010年7月6日火曜日
2010年7月5日 終りの季節

 先週金曜日の銀月攻城戦は、旧対アルティメット同盟軍が奪回を試みるも、城門にて撃退されるという結果となった。それは圧倒的多数の支援ギルドを伴っての攻撃であったが、従軍兵士のすべてを失い帰還することとなった。
 これを見て少し風向きが変わりかけてきたのかと思うのは、私だけではないだろう。そこで久しぶりにサイクル分析をしてみたいとおもう。前回の分析では、1月15日の特務連合機関の銀月占領を持って第一紀が終わり、第二紀が始まったと仮定した。今から振り返ってみてもこれに消極的な根拠は見当たらない。よってそこから第二紀が始まったと考えると、セオリーでは第一紀と同じ時間、つまり7ヶ月(相場の世界では最重要サイクル期間と知られている424日の約半分に相当)が第二紀であったとおもわれる。そして来月8月の中旬から次のサイクル、第3紀がはじまることになる。その時期の出来事には特に注目したい。
 さて第二紀は第一紀の繁栄を超えることがなかったため、独立したサイクルではなく、ハーフサイクルと考えられる。つまり第一紀と第二紀を合わせて1メジャーサイクルとなり、その後半の第二紀は長い事後処理の期間、新秩序の模索、構築期間であったと考えられる。逆にいえばそれほど第一紀の与えたインパクトは大きかったのであろう。そしてそれを消化するために第二紀が必要であったかもしれない。

 さて直近の出来事といえば、Saerumサービス開始からちょうど一年のアニバーサリーデイに、銀月が占領されているのが目につく。そして二週間後に防衛が果たされたこと(1月の時は銀河陣営により奪回された)を考えると、新たな潮流の兆しの確かさを感じる。
 しかしこれはサイクルの最後にみられる戻りであろう、そしてここから第三紀がはじまるまで、そのお膳立てをすべくますますギルドの改変、引退、脱退などが進めらていくであろう。奇しくも新地域への移住が開始される時にぶつかっており、人口の流出が懸念される中で第3紀を迎えることとなる。
 さてこの記事を書いている最中、衝撃的なニュースが入ってきた。銀河帝国のギルマスであった宮廷騎士団氏がギルドを脱退したというのである。これもまたサイクルの終わりを象徴するような出来事ではあるが、第一次世界大戦を通して銀河帝国のみならず同盟ギルドを主導してきた功績は、陣営問わず認めるところであろう。また大戦後も精力的に活動してきた英雄であった。
 サイクルが終わる今、その他の多くの英雄が去るであろう。しかしこれは避けられない。あの中つ国の紀の終わりにあたっては英雄は次のような言葉を残している。おそらくこれに似た想いがあるであろう。

 「わしの時は終わったのじゃよ。ことを正すことも、あるいはみなに力を貸してそうさせることも、もはやわしの任務ではないのじゃ。」(ガンダルフ)

 「(あんなに尽くしなすったというのに)だがわたしの受けた傷は深すぎたんだよ...つまり誰かがそのものを放棄し、失わなければならないのだ。」(フロド)

 以上指輪物語(旧訳)より瀬田貞二訳

 この終りの季節に去るすべての英雄諸氏に敬意を表し、この歌を想う



9/11 動画を変更

Template Design: © 2007 Envy Inc.